2020年2月16日日曜日

エジプトでIQOSに変えてみたが。。。

 ホントに今更なのだが、タバコからIQOSに変えてみました。たまたま同僚が以前購入した新品未開封の本体が余っているというので格安で譲ってもらったからなのだが、以前からまったく興味がなかったかというと、そうでもない。まあ、本体と一緒に分けてもらった中身(タネ)が2カートンしかないので、それが尽きる頃には飽きるだろうとタカを括ってスタートしたのです。まあでも別にIQOSに変えたところで吸う本数が減ったわけでもないし、大差ないかなと。
 ところが、数箱吸うか吸わないかのうちに、気まぐれで従来のタバコを吸ってみると、これがとてもじゃないけど臭くて吸えない。紙が焦げた匂いが強烈にするんです。びっくりするくらいに。なので、もう普通のタバコには永遠に戻れない片道切符を購入してしまったのだと悟ってしまったわけです。
そうなると問題なのは、エジプトではタネが買えないじゃないか。どうすんだ。と思って、調べてみると、どうやら売っているらしい。ただし、IQOSの製造元であるフィリップ・モリス社ではないところから販売されている類似品というか、ジェネリックものであるようだ。
 そして呆気なくタバコ屋で見つけたのが、これ。HEETSというブランドで、何種類かのフレイバーがある。外れがなさそうなメンソールを選んで購入。パッケージには、何やら見慣れない文字が表記されている。読めないどころか、何語なのか見当すらつかない。かろうじて、製造元と思しき部分に電話番号が書かれている。「+374」で始まる国。調べると、アルメニアでした。トルコとアゼルバイジャンに挟まれた旧ソ連から独立した国。エジプトからも近いっちゃ近い。正規輸入とはあまり思えないのだが、驚いたのはそのお値段で、1箱が100ポンド=約600円。日本よりずっと高いじゃないか。今まで吸っていたマルボロが1箱40ポンド=約240円以下だったので、それに比べると3倍近い。しかも、カートン単位でしか売らないんですという。
これじゃあ健康に良い悪いという以前に、お財布に厳しい。どうすんだこれ、と、しばし深刻に悩んでみたのだが、結論は、本数を減らす以外にないというものでした。ICOSに変えて本数を徐々に減らし、行く行くはフェードアウトするように静かに禁煙できるのではないかという目論見。果たして欲望に弱い私は、自身で描いた青写真のとおりに行動できるのだろうか。炭水化物ダイエットで成功を収めた今の私なら、禁煙すらもできてしまうのか。いや、甘いか。

2020年2月9日日曜日

郵政カブがなくなってしまうのか

 もう3週間くらい前のニュースを今更なのですが、本田技研工業が郵便配達用に電動バイクのBENLY e(ベンリーe)の供給を開始したそうですね。昨年中に既に200台、今年は2,000台を納入し、都内の郵便局で運用が開始されると。

長年にわたって全国の郵便局員の足となってきた真っ赤なスーパーカブ、いわゆる「郵政カブ」が消えてしまうのではないかと、既にネットではその勇姿を惜しむ声が上がっています。
 スーパーカブといえば、大きなキャリアと籠を搭載した新聞配達、オカモチ装備の蕎麦屋と並んで、ホイール径14インチの郵政カブ、これらは、日本人の日常生活を支える乗り物と言っても過言ではないでしょう。それが、電動バイクに取って代わられる。どうにも抗うことのできない時代の流れとでも言いましょうか。
 うちのカミさんの実家がある北海道では、冬の雪道でもベテラン局員が郵政カブを見事に駆使し、ドリフトさせながら配達する様を見せつけられた記憶があります。「なあに、圧雪はそれほど滑んないんだわ。怖いのは轍。」そんなセリフが聞こえてくるようでした。
 手紙を書かない時代、年賀状すらデジタル・メッセージになり、郵便局の業務や役割自体も遠からず変化していくのでしょう。カブではない郵政バイクに違和感を抱くのも、最初のうちだけなのかもしれません。でも、ピザ屋みたいですよね。

2020年2月6日木曜日

そして迎えたインプラント手術

 終わりました。インプラント手術。これが終わるまで、ソワソワと迫りくる恐怖で、何も手につかない感じの日々でした。
 今日は一日仕事を休んで、朝10時半のアポに備えます。術後すぐは食べることができないだろうから、朝一から大盛りパスタをかっ込んで、逃げ出したくなる自分に勢いをつけました。ていうか、昨日の夕方くらいに歯科助手のお姉さんから電話があり、「抗生物質ちゃんと飲み始めてますか?明日はお待ちしてますからね」と、しっかり釘を刺されていたのでした。
 歯科医に到着すると、受付で治療開始前にお金を払ってくれという。大丈夫だよ、逃げたりしないから。
 で、麻酔科医によってたっぷりの麻酔がかけられ、おもむろに教授先生が手術を開始。なんていうか、あれはもう歯科治療というより、建設工事みたいなもんですな。非力な女性にはできそうにない作業、そんな印象でした。局部麻酔だけど鏡があるわけじゃないので、目の前には教授先生と助手の覗き込む顔と、何やら先端が鋭い機材しか目に入りません。見てると怖いだけなので、目をつぶったまま1時間ちょっとはかかったでしょうか。それほどの痛みもないまま終了。歯がなくなった隙間を埋める入れ歯のようなものも、既に出来上がっていて、人前に出るときはそれをすぽっとはめるだけ。後は、3ヶ月後に本ちゃんの義歯を入れれば完了となります。
 術後にレントゲンをとり、インプラント の位置を確認した教授先生、「見なさい、骨のど真ん中に、しかも理想的な角度で埋めこんだ。我ながら完璧。あなたはラッキーだよ」と。確かに、麻酔はとてもよく効いていたし、先生の手際も良かった。なんなら練馬で通っていた歯医者より技術的にも上かもしれない。
「ハイ、麻酔の先生、助手の諸君、ご苦労さ〜ん」と言って満足げに部屋を出ていく教授先生の顔は、とても満足そうで、背中には今日はビールが旨いぞと書いてあるようでした。あ、でも酒は飲まないのかな、ムスリムだから。でもドイツの国家資格取ってるのにビール飲まないってあり得ないよね。
  書いてもらった処方箋を持って、その足で近所の薬局へ。痛み止めと、白血球の働きを助けるステロイド剤のアンプルを購入。こちらの薬局ではその場で注射してもらうんですが、親分みたいな店主の指示を受けたのは、たぶん息子と思しき男なんだけど、どう見てもまだ十代の少年。白衣なんか着てません。普通にGパンとパーカー。
 え?こいつが注射するの?という質問をしたところで、事態は何も変わりそうもないので、もう毒を食らわば皿までの心境で、奥まった汚いところに進み入る。「肩?」と尋ねると、「尻だ」という。まあ、注射器も針も包装された新品なので、滅多なことにはならないだろう。で、ブスッとやって、レジにいた別のお兄ちゃんに幾ら?と聞くと、24ポンドだという。150円くらい。ほんまかいな。
  明日と明後日は、きっと襲ってくるであろう痛みと戦うため、痛み止めの錠剤片手に家でゆっくり療養します。あ、でもステロイド剤の注射はあと2日続けるんだった。明日は別の薬局に行こう。

2020年1月27日月曜日

エジプトでインプラントをやるのか(恐怖しかないが)

 歯医者の教授先生から治療方法についての説明を受けてきました。名刺を見ると、いろんな肩書きがずらっと並んでいる。まあそれなりの権威ある方なんだろう。
 レントゲン写真を見ながら、曰く、「下の前歯3本は、ダメだなこりゃ。ベストな治療方法は、3本とも抜歯してそのうち2本をインプラント、真ん中はブリッジをかける。それ相当のコストはかかるけど、長い目で見たら他の選択肢はないよ。」
 3本をいっぺんに抜歯するという時点で既に頭が真っ白になりかけた。怖気付いてしまった私は、それでも頑張って、ちょっと食い下がってみた。
「あのぉ、悪い1本だけを抜いて、インプラントまたは部分入れ歯って選択肢はホントにないんでしょうか。あとの2本は行く行く日本でとかって。。。」
「Not acceptable, from the dentist's point of view」歯科医の観点からは、同意できませんなと一蹴されてしまいました。患者のリスクを最小化するのが医者であると力説する。お節はごもっともなんだろう。
「そうすか。」
 絶望の淵に立たされたような気がしてきた。
「で、その方法ですと、ざっくりで良いんですけど、コストはおいくら万円くらいに?」
 ネットで調べる限り、日本ではインプラント1本が30〜50万円という相場とされている。しかも保険が効かない。なので、最も気になるのがコストなだけに、質問も恐る恐るだ。例えばヨーロッパで盲腸の手術のために入院したら、確実に100万円を超える。エジプトではどうなんだろう。
「一口にインプラントと言っても、世界中に100以上のメーカーがあると言われてます。製品によって品質もお値段も結構な幅があるのは、自動車なんかと同じと考えてください。そして、安物買いの銭失いにならないためには、ここでケチケチしないことです。決してお安くはありませんが、なるべく評判の良い上質な製品を使うべきですな。安い順に、アメリカ製、ドイツ製、スイス製の3種類で助手に計算させましょう。因みに、どれを選んだとしても歯科医の儲けは一緒ですから。」
ぼったくるつもりはないよと宣言しているのだろうか。待つこと10分。助手のお姉さんが見積書を持って現れた。小さい字で丁寧に計算されているのが分かる。
 第1段階の抜歯とインプラント手術で約32万円。骨の安定を待って3ヶ月後の第2段階で成形したブリッジを装着するのが約12万円。合わせて約44万円也。頭がくらっとするのを堪えて、しばし考える。これは日本に比べて相当にお安いと見るべきか、エジプトにしては法外なお値段とみるべきか迷うところです。なんと言っても保険が効かないので、オール自腹です。iMacとゴルフクラブを買ってもまだお釣りが来るんです。
「お金と心の準備が出来次第、お越しください。」
 そう言われても、すぐに決心なんか出来ません。だって、まだ最大の質問が残ってるんですから。
「あのぉ、手術って、どれくらいの時間がかかるんですか?で、痛いんですよねぇ」
「ん?ちゃんと麻酔もするし、大丈夫だよ。所要1時間くらいかな。そんなことより、手術前3日間、術後1週間はタバコをせめて半分の本数にとどめてもらいますよ。」
 この際、タバコの本数ぐらい、我慢するってば。それより、いくら大丈夫とか、そんなことよりとか言われても、やっぱりとてつもなく痛いに違いあるまい。決断した瞬間から、迫りくる恐怖に耐えられるんだろうか。どうする、俺。 

2020年1月22日水曜日

エジプトで歯医者を初体験

 ついさっき、歯医者に行ってきた。というか、行かざるを得なかった。エジプトで歯医者のお世話にはなりたくないなぁと、かねがね不安に思っていたので、ドキドキでした。
 年末に一時帰国した際、グラグラしている下の前歯をきちんと治す時間がなかったもんだから、応急処置として両隣の歯に歯科用接着剤で固定してもらったんです。でも、ひと月で取れてしまった。まともに物を食べることすらできない。一日中、気になってしょうがない。
 日本のお医者さんからは、「この歯はすでにだめですね。残しておいても良いことが一つもないので、本来なら抜いてしまって、部分入れ歯でしょう。でも、その時間はありませんね。とりあえず接着しますけど、いつ取れてもおかしくないし、いつ抜けてもおかしくないので、覚悟しといてね。」と言われていたのです。
 さて、実は、古代エジプトは歯科では先進国だったようなのです。なんと今から4500年以上前のサッカラ(階段ピラミッドが有名)の墓から出土した杉の木には、ヒエログリフで歯医者と読める記述が発見されているし、さらに3500年前になると、パピルスに書かれた記録に歯磨き粉が登場します。
古代エジプト人は何かと凄かったことがここでも証明されるわけですが、だからと言って現代のエジプト人が同じくらい優秀かというと、ことごとくその期待を裏切られることが多い。なので、どうせエジプトの歯医者も、衛生面、技術面、機材のいずれをとっても怪しいもんだと、勝手に想像していました。
 しかしながら、冒頭の次第から、止むを得ず近所の歯医者を訪ねたのです。何人かの同僚も治療したことがあるという歯医者。たまたまキャンセルが出たとかで、すぐに診てもらえたのはラッキーです。
 行ってみて、びっくりしました。今日は教授先生はいなかったので、エジプト人の若い女医さんが対応してくれたんですけど、女医さんも、歯科衛生士のお姉さんたちも、みんな留学経験があるんだとか。まあ実に流暢な英語を喋ります。機材は全てドイツ製。X線撮影に至っては、練馬区の歯医者でも導入していなかった3D撮影で、治療箇所の骨の密度まで測定できる優れもの。消毒などの衛生状態も完璧で、こんなことならもっと早く来れば良かったと、いい意味で裏切られました。
 今日はとりあえず、取れてしまった接着剤の残骸を削って、ガッチリと接着し直してもらいました。で、X線の写真を見ながら来週また教授先生と、インプラントの可能性を念頭に今後の相談をしましょうということに。因みに今日の治療費、1万5千円くらいでした。お値段も立派です。

2020年1月19日日曜日

カイロ単身者の食生活(平日編)

 一週間溜め込んだ食欲を大盛りスパゲティで晴らした週末のリバウンド効果で、週初めの日曜日(イスラムの国ですから、平日は日曜から木曜です)は、どうしても空腹感が強く感じられます。
 近頃は便利なもので、動画でいろんな簡単料理のレシピや調理方法をすぐに調べることができます。冷蔵庫にある食材をキーワードに検索した結果、今日の夕食はこれになりました。
鶏の胸肉は、そぎ切りして塩・コショウした後、片栗粉をまぶしておきます。フライパンに油を敷いて、おろし生姜と鶏肉を炒めます。食べやすい大きさに切ったキャベツとピーマンを加え、麺つゆ、マヨネーズを加えて和えるようにして炒めていきます。具材に火が通ったら出来上がり。炒りごまをふりかけていただきます。
 たいへんに美味。マヨネーズのおかげでコクがあるので、炭水化物をとらなくても満足感がある一品となっています。
 でも、日本から買って持ってきた貴重な麺つゆ、マヨネーズ、片栗粉などを消費してしまいましたので、これくらいの味が出なければ元が取れた気にならないって。

2020年1月18日土曜日

カイロ単身者の食生活(週末編)

 エジプトに暮らす外国人で知らない者はいないものの一つが、輸入生鮮食品スーパーのグルメ・エジプト(Gourmet Egypt)です。輸入品が多いだけあって、お値段は非常に高いのですが、地元の商店では売られていない食材を時々見つけることができます。
 昨日はなんと、しめじがありました。即買いです。で、あんまり嬉しくて、早速今日はしめじを使った和風スパゲティにしたんですよ。しめじごときで何がそんなに嬉しいのか、日本にずっと住んでいる方には分かってもらい難いだろうと思います。ですが、私がエジプトで生活を始めてからこの3年弱の間に、しめじが売られていたのはこれが2度目なのです。それぐらいレアだってことなんです。
 ちなみに、日本では当たり前に食べていた野菜の多くが、こちらにはありません。中でも水菜、キノコ類、ゴボウ、それに千切りにするとフカフカになる柔らかいキャベツなんかは、本当に恋しくなります。
和風出汁と醤油、バターで味付け。刻んだ焼き海苔もトッピングしました。ローマ仕込みの(自信アリ)大盛りスパゲティの出来上がり。やっぱ美味しいなぁ。
 調理時間は約20分、食べてしまえば5分で終了です。ああ、週末だけは炭水化物ダイエットを緩和しているのです。それぐらいには自分を許さないと、精神的にもちません。