2017年8月15日火曜日

3Dプリンターはモデラーの神ツールなのか

 今日のニュースで、3万円ちょっとで買える家庭用オールインワン3Dプリンターが出たという記事が飛び込んできました。
 「マイクロSDカードリーダーが付属し本体にはLCDディスプレイが搭載されているので、PCレスで出力が可能。寝ている間にPCのない部屋で出力させておくことも可能です。本体サイズは幅210×奥行き195×高さ279mm、2.4kg。最大出力サイズは幅110×奥行き110×高さ125mm。。。」
これはあれでしょうか、3Dデータを作成するためのソフトを追加購入する必要はあるながらも、データさえ作れればプラモの部品なんかにぴったりのサイズってことだと思えてならないのです。なんなら製品開発のターゲットは、実はモデラーなんじゃないかとさえ勘ぐりたくなってきます。
 これまで長いこと、特にスクラッチ製作においては、平たいプラ板を切ったり曲げたりパテ盛りして削ったりという気が遠くなるような作業を強いられた訳ですけど、例えば1/9スケールのロケットカウルがあったとして、それをデータに取り込んだら、このプリンタで1/6スケールで出力できちゃったりするのでしょうか。ゆうに数週間はかかっていた作業がそれこそあっという間に、しかも工業製品と同じような正確さで作れてしまう。
 しかも、これまでは何をどうやってもプラ材では不可能だったタイヤの複製なんかも難なくできてしまう。さらに、実物のデータさえあればジオラマ用のリアルな小物がいくらでも作れちゃったりして。。。妄想をちょっと広げただけでクラクラしてきます。
 モデラーにとってまさに神のようなこの機器が、3万円ちょっとで手に入る時代になりました。はたしてガラパゴス代表みたいな私たちオジさん世代のモデラーは、この先端機器を自分のプラモ工作に取り入れるのが主流となるのか、はたまた「邪道」と決めつけて見て見ぬふりをするのか。悩ましい限りです。

2017年8月6日日曜日

倶楽部ライフ

 カイロは相も変わらず連日気温38度前後の日々が続いています。とにかく毎日、晴れなのです。
 この8月から、ウェスティン・ホテル系列のホテル・スパ・ゴルフがくっついた総合施設のメンバーシップをとりました。自宅から車で約30分ちょっと。
27ホールの素晴らしいゴルフ・コースは、さがなら砂漠のオアシスです。ヤシの木の向こうには広大な砂の大地が広がります。 フェアウェイの緑が、PCで痛めつけられた老眼を優しく癒してくれます。
これまでは、週末が近づく度に、土日を共にラウンドする仲間を探し、スタートの予約をし、早起きして出かける。グリーンフィを支払い、人の練習にも付き合う。4人の中には初心者もいるので、小姑みたいに作法や技術を教えたりしつつ、18ホールでたっぷり4時間半はかかった後、慌ただしくハンバーガーなどをシェアしてつまみ、やおら帰る。。。
 もうオジさんもいい歳です。
 そういう手続きやらなにやらを、煩わしく感じるようになってしまいました。他人を気にせず、気を使わず、もっと純粋に、我が儘にゴルフを楽しみたい。メンバーになった最大の理由も、そこです。
 予約などせず、スタートが込み合わない11時頃にふら~っと行って、馴染みのスタッフと軽く挨拶。年会費を払っているメンバーは、365日プレイし放題です。
 独りで気ままにティオフ。ショットに納得がいかなければもう1球打つことも。電動カートですから、スイスイと進みます。複数人でプレイしている他のメンバーたちは、こちらが独りだと分かれば、気持ち良くパスさせてくれます。18ホールに2時間もかかりません。
ラウンド後は、クラブハウスで生ビールと、お昼。ウェスティンの厨房ですから、これが結構美味しい。今日は、ペンネ・アラビアータ。カウンターでヨーロッパのTV中継を観ながらだと、ビールが進んでしまいます。どうせ運転はおかかえのドライバーがするので、気にしませんし、食事の代金もメンバー割引がききます。
 10時過ぎに家を出て、午後2時過ぎには帰宅。シャワーを浴びて、クーラーの効いた部屋でビールを飲みなおす。過酷な地で勤務するご褒美として、心身の健康維持のための、ちょっと贅沢な週末なのです。

2017年7月17日月曜日

〇〇してみた

 ブログの更新を、まるっとひと月、放置してみた。
 先日、友人から、「つらそうな記事ばかりだね」と指摘されました。でも、楽しい事ばかりがある訳でもないので、いっそ楽しいネタが出てくるまで放置してみようと思ったのでした。
 日々生活しておりますので、なんやかやと出来事はありますし、この間、ちょびっとだけ日本に一時帰国したりしました。
 そして、言い訳になってしまいますけど、とにもかくにも暑いのです。
 最高気温は連日40度を超えています。夜中でも30度以下になる方が少ない。これがずっと続いていて、これからも続くのです。この部屋も、あっちの部屋も、廊下も、トイレも全部暑いのです。この「逃げ場がない」暑さは、地味に精神的に堪えます。エアコンはガンガン使っているのですけど、身体に力感がみなぎることなどなく、なんとなくボーっとしてしまう。
 それに加えて、生活パターンの変化が少ないこと。
 日曜~木曜まではお仕事、金曜日は40度の炎天下でゴルフと食料品の買い物、土曜日はフィリピン人の家政婦が家に来て掃除洗濯。これの無限ループです。
 。。。ごめんなさい。また愚痴になってしまいました。
 少し涼しくなったら、生活のモチベーションを上げていろんなことに取り組みたいと考えています。
 
 

2017年6月17日土曜日

ハン・ハリーリに行って来た

 エジプト最大規模と言われるハン・ハリーリという市場(スーク)へ行ってきました。
 市の中心、いわゆるオールド・カイロと呼ばれる地区に、それはあります。食料品、衣服、土産物、お菓子屋、水タバコ屋、カフェ、なんでもあります。
 
  地区の入口にはきれいなモスクが。今日は、通訳兼値引き交渉補佐として運転手に一緒に歩いてもらいました。なんでもかんでも値引きしないと、ふっかけてきますんでね。
まあ、なんだ。言ってみればアメ横みたいなもんです。
 狭い路地に、ところ狭しと様々な店が軒を連ねている訳です。中にはベリーダンスの衣装なんかもあって、ほんとにカラフルです。こういうところが好きな人なら、何時間も見て回るんだろうなと思うものの、今日の気温は37度。あまりの暑さに1時間ちょいでギブアップ。
 それでも、今日の釣果は、Tシャツ2枚(各350円)、女性が頭に巻くヒジャブ2枚(各300円)、そしてこのパピルス画(フンコロガシ=スカラベと、その神ケプリの2枚に猫のおまけを付けて全部で1800円)。まずまず満足です。

2017年6月11日日曜日

暑いところにはつきものではありますが(インセクト問題)

 カイロは連日暑い日が続いています。先週はこんな日もありました。さすがに長時間、屋外にいるのは辛いですし、健康に良くないに決まってますから、冷房の効いた職場から昼間は一歩も出たくありません。
 それでも、イスラムの人達はラマダン中ですので、夜7時までは一滴の水すら口にできません。敬虔な信者は、自らの唾液さえも飲みこまずに吐き出すんだとか。
で、暑くなってくると、当然のように湧いてくるのが、インセクト=害虫問題です。
 蠅、蚊、Gといった連中は、さすがにこの暑さで活動が鈍っているのか、あまり頻繁に視界に入って来なくなりました。ただ、そいつらに代わってここ数日の間、新規に悩ませてくれているのが、台所に突如現れ始めた小さな蟻。体長2ミリくらいのニクい奴。スプレー式の殺虫剤ひと吹きでイチコロなんですけど、なんせまあ数が多いもんだから、1回で出て来なくなるほど甘くはない。
 そして、あろうことか、こいつら噛むんです。おそらく駆除作業中に服や腕に付くんでしょう。朝起きたら何か所も噛まれてて、しかも蚊よりも痒い。
 ところで賢明な皆さんは、虫刺されにはどんな薬をお使いでしょう。ムヒあたりが一般的ではないかと思います。私はいつも、ステロイド系の万能軟膏リンデロン。特にしつこい痒みや腫れを伴う虫刺されには効きますよ。
 なお、本当かどうか分かりませんけど、痔のお薬であるボラギノールが、実は痒み止め効果という点では最強なんだと聞いたことがあります。試してみる前に、購入する勇気がありません。

2017年6月2日金曜日

「3」の洗礼

 よく、新しく事を始めた際に、3日続けば3週間、3週間続けば3カ月、3ヶ月続けば3年はやっていける。こんなふうに言います。三日坊主を裏付ける発想ですね。そしてこれは、海外生活についても同じことが言えるでしょう。
 エジプトに転勤してきたのが3月2日ですから、今日でちょうど3カ月。この測ったようなタイミングで、以前より同僚から3カ月以内と警告されていた「洗礼」を、ガッツリ受けました。一昨日の夜に始まった原因不明の腹痛と下痢は、3日目の朝にして依然回復しきらず。昨日は一日中トイレのそばから離れることができませんでした。「カイロ腹」というんだそうです。
 折しも今はラマダン。外気温は毎日30℃を大きく超える暑さが続く中、昼間は一切の飲み食いができないエジプト人たちの労働意欲は極度に低下し、結果として物流も停滞、スーパーで売っている生鮮食品の鮮度はガタ落ちします。そんなときに限って、運悪く自宅のメインの冷蔵庫が故障。2日間くらい常温で保存していた卵がダメだったのか、火を通したんだけどなぁと、今になって後悔してみても時既に遅し。
これを書いている今もなお、お腹はシクシクと痛み、固形物の摂取を拒んでいます。それでも今回、わりと効いているのがこれ。腸内から減ってしまったビフィズス菌を補い、腸内細菌のバランスを整える優しいお薬。ちょっと調べてみたら、1961年発売のロングセラーだとか(オジさんとほぼ同い年)。正露丸をもってしてもダメだった症状が、少しずつ改善に向かっているのですから、菌の力はすごいです。
 それにしても、「3」という数字は古来からいろいろと重要視されていたり、ときに神秘的な力を持つとされているようです。カイロ腹を見舞った私も、3という数字が持つ大いなる意思に支配されているということなのでしょうか。イテテテ。

2017年5月27日土曜日

今日からラマダン

 今日の夕方から約ひと月にわたって続く聖なる月、ラマダンに入りました。
 ラマダンそのものについては、私などが下手な解説をするまでもなく、ググればすぐに意味は分かりますし、昼間の断食の習慣は、広く知られていますね。
 でも、こちらに来てから知った豆知識も幾つかはあります。
 まず、その年のラマダンの開始日については、だいたいこの日あたりということはあらかじめ解っているのですが、実際には1~数日ずれることがあります。これは、イスラムの偉い長老さんたちが会議を開いて、月の満ち欠けを見ながら、そろそろ良いあんばいなんでそれじゃあ明日からにしようとかいう最終判断を行わないと確定しないからなのです。人々は確定情報をテレビやラジオで直前に知ることになります。


 次いで断食ですが、要するに太陽が上がっている間は、飲み食いはおろか、タバコすらも禁じられているというのです。水くらい良いんでしょ?と訊いても、ダメと言います。じゃあ子供はどうなんの?赤ちゃんに授乳しないわけ?とたたみかけてみました。12歳くらいまでの子供は、昼間のうちの半分の時間だけ我慢すればよくて、乳児の授乳はもっともっと短い時間になると。まあ、そりゃそうだろう。
 ラマダン初日の今日、人々は18:45から朝食(Break Fast=断食明け)を食べ始めるとされています。では、これから夏に向けてどんどん日照時間が長くなるヨーロッパなどに住むイスラム教徒はどうすんの?陽があるうちは食べちゃいけないんだったら、夜は22時位まで余裕で明るいんだけど? これに対する答えは、そういう土地でもせいぜい20時とか遅くても21時くらいには食べ始めていいとされているんだそうですよ。
 とは言え、最初の一週間くらい、身体のリズムが慣れてくるまでは、エジプト人でもやっぱりきついんだそうです。