2018年8月12日日曜日

飛んでみたイスタンブール(1)~東西の交差点

 今日までの3泊4日で、イスタンブールに行ってきました。カイロからの実飛行時間は2時間ほど。あっという間に到着です。
ブルガリアの東端と中東諸国の間をつなぐ細長い渡り廊下のような地形、その渡り廊下を北の黒海から南のマルマラ海に分断するボスポラス海峡を挟んで、西はヨーロッパ大陸、東はアジア(中東)ということです。東西の交差点であるイスタンブールは、シルクロードの終点であり、或いはオリエント急行の終着駅でもあるのです。
 古くは4世紀ころのビザンチン時代から、ヨーロッパを中心に覇権を謳歌したオスマントルコの時代は、コンスタンチノープルという都市名であったことは広く知られています。
 イスラムの世の中になってからは、ヨーロッパでありながらも中東でもあるという独特な立ち位置。まさに人と文化が幾重にも交錯する歴史を繰り返してきた街です。
 写真は、新市街の小高い坂の上に立つガラタ塔の上から川を挟んで中央右手が旧市街。アヤソフィア、ブルーモスク、トプカピ宮殿といった観光スポットがぎっしり詰まっています。そして海峡を挟んで左手奥に見えるのがアジア側。マルマラ海の先は西にギリシャを見ながらエーゲ海に、さらには地中海へとつながります。
 8月のこの時期でも日中の最奥気温は30度を超えません。日が落ちると20度前後まで下がります。寒暖計が37~8度に張りついたままのカイロとは大違いで、実に過ごしやすい。濁りなく抜けるような青い空、紺碧の海。
 現地で働く古い友人が、至れり尽くせりの案内をしてくれたおかげで、ゆったりと時間を使い、久しぶりの休暇気分を満喫しつつも、内容のある旅になりました。詳しくはまた後ほど。

2018年8月6日月曜日

友人にしてやられた(カブ購入計画)

 友人に、してやられました。
 かねてから私が年に1、2度だけ会う機会にスーパーカブの良さを説き、酒の肴にしていた長年の友人。ミリオタで、プラモデラーで、チャリ乗りの友人。しかも、生まれてこのかたオートバイを所有したことがないというので、すっかり油断していました。つい昨日のこと、その友人から、近所のホンダ特約店で60周年記念モデルの予約をしてきたと、唐突に報告がありました。
まあ、なんてカッチョ良いんでしょう。ホンダのレーシングカラーを瞬間的に想起させる赤白のツートンが鮮烈です。そして、フロントには実に誇らしげなアニバーサリーのエンブレムをまとっています。
 完全受注生産とのことで、納車は早くても11月末、ひょっとしたら12月になるかもとのこと。初心者だからボクたん何も解らないのでなどと言いつつ、メットはどうしたらいいか、オプションは何を買ったらいいのか、納車したらどこへ行こうかなどと、まあ五月蠅いこと五月蠅いこと。くやしー。
 待ってろ、俺もすぐに買ってやる。そして、カブ連ねて、ツーリングに行こうね。

2018年7月27日金曜日

皆既月食を騒がないエジプト人

 今、これを書いている現在、絶賛皆既月食中です。
 今日は世界中の多くの地域で観測できるそうなので、月食それ自体を述べても仕方がない。それに、月食のメカニズムは皆んな知ってるし、不思議でもないので神秘性は感じられないから、言っちゃなんだけどそれほど興味はないのです。とは言え、外に出て、チラっとは見ましたよ。

 さて、古代エジプトには、有名な太陽神であるラーのように、「月」属性の神が3人もいたそうな。トト神、コンス神、イアフ神です。
 先ずはトト神。これはもう古代の神々の中でもオールマイティな知識と能力を持つトップスタアみたいなもんで、太陽が沈んだ後の夜の世界を守護したことから、月の神でもあるとされています。頭に月が乗ってますね。
次にコンス神。月が満ちている時は癒しの力、欠けている時は鋭い刃で邪気を祓う力を発揮します。月の光で病を癒す一方で、三日月をナイフとして振るう、いわばツンデレな神。
最後にイアフ神。実はこれが最も原始的な月の神だったようなんですが、やがてコンス神に吸収合併されてしまったことから、マイナーな扱いがされている浮かばれない神。
ところで、エジプト人は私と同じで、いえずっと太古の昔から、皆既月食にそれほど関心がなかったように見受けられます。
 ラーや3人もの月の神がいた古代では、太陽や月が欠けたりするのはきっと一大事で、民は、さぞや良からぬことが起こるからに違いないという恐れを抱いたのではないだろうか、そんなふうに容易に想像できます。それなのに、歴代のファラオや神官たちは、あれほどたくさんの壁画やレリーフを残したくせに、日食や月食といった天体現象については一切の記録がないんだそうです。何故なんだろう。
 一説には、見て見ぬふりをした、あるいは無かったことにした、ということなのですが、それはそれで何となく分からないでもありません。恐怖のあまり見なかったことにしとこうってね。♪オバケなんかないさ、オバケなんて嘘さ。です。

2018年7月16日月曜日

エジプトのお米がなぜかドーハ

 意外と思われるかもしれませんが、エジプト人の主食は国産のお米です。
 広大な砂漠の真ん中を南北に流れるナイル川、その流域だけで9千万以上の人が住み暮らしています。9千万人の胃袋を支える米を、肥沃なナイル・デルタで作っているのです。まさにナイルの恵なのです。
で、エジプトで高級とされるブランド米がこれ。名前はエジプト産なのに、なぜか「ドーハ」。ドーハってカタールの首都です。少し細長いですね。
 日本製の炊飯器で炊く場合は、水を少し多めにすると、それっぽく炊き上がります。コシヒカリやササニシキなどの日本のお米と比べると、甘みがなく、もちもちした食感もありません。でも、そんなことを気にしなければ普通に食べられます。
 ですが、エジプト人はそもそも白米のまま炊くってことを余りしないようです。
 油だの香辛料だのを最初から混ぜて炊くんだそうです。
 こんなふうになります。 
  レストランなどに行ってもライスを頼むとこんなふうにして出てくるわけですけど、ま、これはこれで肉と合わせたり、モロヘイヤのスープをかけて食べたりすると、それなりに美味しかったりもします。ただし、カロリーは結構ヤバいかもしれません。
 炊飯器で保温して翌日には既にパサパサになってしまいます。ちょうど良いパラパラのチャーハンができそうという人もいるかもしれません。私はもちもちしたチャーハンの方が好きですけど。
 ああ、それにしても炊きたての日本の美味しいお米で卵かけご飯食べたいなぁ。こっちで生卵を食べるのは自殺行為ですから。

2018年7月1日日曜日

夏は飲み食いに要注意(マジ)

 また永らく投稿をサボってしまいました。
 その間に、中東の夏の厳しさを思い知らされています。
 ラマダンが明けて、やれやれと普通に飲み食いできる生活に戻った訳ですけど、日中の気温は38~40度に張りついたまま。夜中でも30度を下回りません。
 何が怖いかって、そりゃ食あたりです。細菌天国なのですよ。
 先週末は、夏バテ予防にと、久しぶりに中華レストランで肉料理を中心に精のつきそうなもん食いに行こうぜと、職場の同僚と連れだって勇んで食べに行ったのですが...
 土曜日の朝から激しい下痢と腹痛に見舞われています。お医者さん的に表現すれば、感染性胃腸炎。でも、食べたうちの何が悪かったのか、まったく解りません。だって、同じものを食べた同僚はへっちゃらだったんです。
 正露丸や太田胃酸がこんなにも無力だとは。とにかくずっと痛い。
で、そんなときはこれ。
 お腹が痛いのは、身体に有害な毒素を体外に排出しようと、胃腸がさかんに収縮するからなのです。そして、ブスコパンというお薬は、そうしたせっかくの胃腸の動きを止めるためのお薬。つまり、痛みからは解放されるものの、根本的には治ってません。
 だから、治そうとするのであれば、痛みは我慢して、お腹の中の菌がぜんぶ外へ出るまで自然治癒を待つか、抗生物質を飲むしかないのです。
 お医者さんに言われました。ペットボトルは口をつけて飲んじゃダメだよ。口の中の細菌がボトルの中で大繁殖しちゃうからと。お前さんは女房か(いや、いつも女房から注意されていたことなので)。
 運転手に、こんなとき、エジプト人は何を食べるのか尋ねてみました。う~ん、野菜スープかな。油を使っちゃ駄目だよ。だそうです。普通すぎて、参考になりませんでした。

2018年6月8日金曜日

ガチで欲しいレゴ

 レゴ(LEGO)がやってくれました。
 1/8ビッグスケールで、ブガッティ・シロンを超精密再現したテクニック・シリーズが発表されたそうです。世界中のレゴファンだけでなく、中年のパパさんたちを狙い撃ちする高等戦略です。私もまんまと撃たれそうです。

3,500ピースを超える専用パーツで、ドアやステアリングはおろか、エンジンのピストンまで稼働してしまう。それだけでも既にワクワクが止まらない勢いですし、完成写真も素晴らしくカッチョ良いのですけど、モデラーの端くれとしては、そのまま組むなんてことはハナから考えません。
 ジョイント部分の余計な凹凸を削ったり、パーツの隙間をプラ板で埋めたり、実車に忠実にパーツに塗装を施してみたりと、ゆっくりと、いくらでも時間と手間を加えながら組み上げていく作業を妄想すると、4万円弱というお値段も見なかったことにできるかもしれません。

2018年5月30日水曜日

イフタールで太る

 絶賛ラマダン中です。
 世界中のイスラム教徒たちが断食をするラマダンの期間中、日没と共に一斉に飲み食いを始めるわけですが、その食事のことをイフタールと言います。
 イフタールは、家族で食卓を囲むばかりではなく、社交の場としても広く使われるイスラムの食文化と言って良いでしょう。
 海外駐在する者として、日ごろ仕事でお世話になっている関係各方面の担当者たちを招待し、食事会を開催するのも、この時期の大事な仕事のひとつだったりします。
40度を超える日中に一滴の水すら口にしておらず、しかも腹ペコの状態ですから、みんなエジプト人とは思えないくらい、約束の時間をきちんと守って集まります。普段もこうあってほしいんだよな。
 昨日の日没は18:49。先ずは水又はマンゴージュースで喉を湿らせてから、小皿に盛られたデーツをひと口。これがイフタールの作法だとか。
 料理を皿に盛ると、一心不乱に黙々と食べます。折角なのでいろいろ仕事や仕事以外の話もしたいんだけどなと思うところを、ぐっと我慢します。だって皆んな、とにかく食べたいんだもん。さすがに邪魔しちゃいけない。
 レストランやホテルでは、特別にイフタール料理が用意されます。と言っても、何がどう特別なのか、よく解りません。いつものエジプト料理と見た目ほとんど変わらないし。メニューはやっぱり肉料理が中心。お店によっては卓上バーベキュー的な感じでソーセージなどの各種肉が出てきます。あ、豚はもちろんありませんよ。
 すごく甘いけど割と美味しいデザートと、紅茶で締めます。お酒は1mmもありません。
 それにしてもこのイフタール料理、量もカロリーも相当すごいのです。お昼を食べる我々外国人は、ですからラマダン中は気をつけないと逆に太ってしまうのです。本末転倒も甚だしいですね。