2019年2月11日月曜日

いろんな顔を持つ都市アレキサンドリア

 アレキサンドリア1泊の小旅行から帰って来ました。
 人口約500万人を抱えるエジプト第2の都市アレキサンドリアは、アレキサンダー大王に征服されて以降、プトレマイオス朝、グレコローマン時代を経て現代に繋がる地中海沿いの歴史ある街です。
 街には2000年前の古代遺跡あり、ローマ帝国の名残あり、キリスト教とのゆかりありという正に混沌。かたや、インドから渡って来る香辛料を運んでイタリアに運んだ貿易船が頻繁に出入りする港町であり(荷揚げ港であったベネチアに、だから胡椒富豪がたくさんいた)、エメラルドグリーンの海や美味しい海産物を楽しむサマー・リゾート地でもあります。
 現地に着いてその足で行ったレストランで、新鮮なスズキの塩焼きを食べてお腹を満たしてから足掛け2日、駆け足で見て回りました。
 撮影機材は、新兵器のEOS80D。レンズはEF-S10-22USMです。35mm換算で16-35mmに相当するこのワイドレンズ、旅行のスナップには無敵ですね。2日間これ1本でした。心配された周辺光量落ち(四隅が暗く映る)もなく、とても優れたレンズです。
コルニッシュ通り沿いのホテルの部屋から見下ろしたアレキサンドリアのビーチ。まだ寒くて泳げないよ。風も強いし。
カーイト・ベイの要塞。
 古代世界の七不思議の一つであるアレキサンドリア大灯台が、湾の突端に位置するこの場所に建っていたそうです。14世紀に起きた大地震によって、しかし大灯台は倒壊してしまいます。その瓦礫を利用して建てられたのが現在ある要塞。ギザのピラミッドと合わせて、古代の七不思議の2つがエジプトに残っているわけです。

  要塞内部の覗き窓から見た湾と海岸の様子。
  1対のスフィンクスの後ろに立つのがポンペイ柱。紀元前3世紀ごろ、セラピス神に捧げるために建造されたセラペウム遺跡は、どっぷりダウンタウンの中、ほんのりと隆起した丘の上にあります。神殿は、391年にキリスト教徒によって破壊されてしまいました。ローマもひどいことをします。神殿の図書館を支える400本の柱のうちの1本だけが残ったという説があるんですけど、いやいや、最初から1本だけだったという人もいるとか。
 中国人の観光客がバス2台で来ていましたっけ。いるなぁ、どこにでも。
  アレキサンドリアを離れて西に約50km走ると、突然現れるのがアブ・ミーナ。ひどいローマ帝国によるキリスト教弾圧の一環として死罪に処されてしまった聖人メナスゆかりの地で、遺跡は世界遺産です。今は遺跡のすぐ脇に大小3つの聖堂が固まって建てられています。
 聖メナスが埋葬された墓地の周辺から湧き出た水は病を治す癒しの力があると信じるキリスト教徒の巡礼地として、5世紀ころから今に至るまで信仰されています。奇跡の水はテラコッタという壺に入れて持ち帰られたそうで、多くの壺が発掘されているほか、メナスの遺骨は小さく無数に砕かれ、その欠片がエジプト中のコプト教(古代キリスト教)の教会に分祀されているんだそうです。
 聖書の一部を構成する出エジプト記だったり、聖メナスだったり、やはりエジプトはキリスト教と切っても切れない歴史があるんだなぁ。
  大聖堂の内部。フラスコ画とステンドガラスがたいへん美しい。
 それにしても、よくもまあ海からも遠くて、周りに何~んにもない、なんでこんなところに聖メナスを祀ったのだろうと、つくづく思います。今でこそ畑が広がっていますけど、2000年前は間違いなく砂漠のど真ん中です。まったく謎です。
  お土産屋が軒を並べています。ほとんどが聖メナスゆかりのもので、巡礼者と思しき人たちが何やら買い求めていました。
最後は、羊を追うベドウィン(遊牧の民)の写真で、ほのぼのしていただきましょう。写真を撮るよってつもりで手をふったら、良い笑顔で手を振りかえしてくれましたよ。

2019年2月6日水曜日

行ってみたいところがあまりない

 正月明けからのこの1か月は、なんだかとっても忙しかったなぁ。2回も出張に行ったので、その間の仕事はごっちゃり溜まってたし、ゴルフもちょびっとしか出来てないし。。。
 などとブツブツ呟いてみてもストレスが晴れることはなく、よし、それなら来週の建国記念日にひっかけてどこかに小旅行でもするかと、やおら地図を眺めてみたわけです。
 でも、飛行機だけで無駄に500ドル以上は払いたくない。そうなると、ヨーロッパではイタリア、トルコなど地中海に近いところまでしか足が届きません。それに、過去に住んでいた国に行っても新鮮味はないし、かといってアフリカや中東の近隣国に行き残したところもあまりなく。。。
 つまり、ひょいと行けそうな距離には、行ってみたいところがあまりないという現実を思い知らされて、少し引いてしまいました。なにを贅沢なと怒られそうですが。
 そこで、仕方がないのでエジプト国内で考えようと。ルクソール、アスワン、アブシンベルの遺跡は既に見た。紅海のリゾートもハルガダに行った。残りの有名どころは、アレキサンドリアとスエズあたりか。
母なるナイル川が地中海に注ぐデルタ地帯の西に、エジプト第2の都市アレキサンドリアはあります。かの有名なマケドニアのアレキサンダー大王が遠征してきて自らの名前を冠し、「ああ、もう余にはこれ以上征服すべき土地がなくなってしまった」と嘆いたとか。その後、大王の部下によって古代エジプト最後の王朝であるプトレマイオス朝が始まった土地であり、クレオパトラがローマのジュリアス・シーザーにたぶらかされた場所でもあります。
 残念ながら多くの古代都市遺跡は、今も海の底に眠っています。それでも、世界一古いと言われる図書館などの見どころもあり、何と言っても海産物をふんだんに使った食事が楽しみ。
 せっかく新しいカメラを買ったというのに、まだ活躍の場がありませんでしたので、バシバシと写真を撮ってこようと目論んでいます。カイロから車で約2時間半。週末にひとっ走り(といっても車はドライバーが運転するんですけど)行ってきます。

2019年2月2日土曜日

おじさんの夢

 私には夢があります。ま、誰にでもあるんだろうが。
 ささやかな夢かというと割とそうでもなくて、理想を追求するとそれなりにお金がかかりそうではある。
 勿体つけて話のハードルを上げたくないのですぐにバラしてしまうと、将来、家にMyガレージが欲のです。で、その中にこもって、錆びついて動かなくなったミニバイクなどをコツコツとレストアする日々を送ってみたい。そんなことを、ここ何年も、ぼんやりと考えているのです。まだ家すらないのにね。
 こんなふうなやつ。
赤い工具用のキャビネットや、スチールの棚にヘルメット、壁には絶対に金髪のグラビア(ピンナップと言った方がぴったりくるのかな)、これは譲れない。そして休憩時の定番ならコーヒーなんでしょうけど、私は紅茶の方が好きだったりします。
 だもんだから、ネットサーフィンするときも、レストアものや、DIY関係をよく観ます。最近のマイブームは、古い工具や工作機器をレストアする「Hand Tool Rescue」というチャンネル。youtubeで検索してみて下さい。昔TVでやってた匠のビフォーアフターもよく観ます。
 定年後、時間を持て余し、かといって何もせず、ただ身体が朽ちていくのを待つだけの生活はしたくありません。廃車されちゃった古いバイク(モンキーならできそう)を蘇らせ、孫にプレゼントしてあげることができたら、もう最高。もっとも、もうその頃には、自分自身はバイクに乗れないでしょうけどね。いいんです。

2019年1月24日木曜日

チュニジアの猫に癒される

 出張続きの新年、今度はチュニジアに行ってきました。
 カイロよりちょっと寒い。けど、空気のきれいさは100万倍マシ。3泊4日の滞在中は、観光など1ミリもしないままに過ぎ、ひたすらお仕事をし、ご飯を食べて帰って来ました。
 そんな忙しい私を、少しだけ癒してくれたのは、チュニジア人が国民性として可愛がる猫たちでした。
仕事先で休憩の煙草を吸おうと外の駐車場に出て、ふと停めてあった車のボンネットに目をやると、くっきり点々と残る猫様の足跡。よっぽど暖かかったのか、それとも単に猫のいつもの通り道の線上に車が停めてあっただけなのか。
 と、車の後ろをひょいと見ると、ああ、足跡の主は、全身真っ黒のこの子でしたか。仕事の疲れをひととき忘れさせてくれて、ありがとね。

2019年1月17日木曜日

プラモで作ってみたいW800 cafe

 カワサキのW800カフェがカッコ良い!
 昨年暮れにミラノで発表されたW800が、やたらカッコ良いので、こういうのをプラモで作ってみたいなぁと思っちゃいました。
 もっとも、私の製作嗜好的には、ノーマルのキットに自分で手を加えてこのようなスタイルにカスタムするのがこの上なく楽しいので、既製品として出てきちゃうと、ちょっと違うってのはあるんですけどね。

フロント18インチホイールとスワロー・ハンドルの低い前傾姿勢、シングルシート、キャブトン・マフラー、スポークホイールと、カフェ・スタイルの要所を外さない、ある意味王道のメーカー・カスタムになってますね。フロントカウルはもう少し長いロケットカウルを選択できたらもっと良かった。トライアンフの格好のライバルになるでしょうけど、オジさんはW800に軍配を上げたい。
 もっとも、こういうのが125ccくらいで出て来てくれるとホントに嬉しいんだけどなぁ。バーチカル・シリンダーの単気筒。

2019年1月12日土曜日

宗教の交差点エルサレムにやっと行けた

 正月明けに日本から戻った翌々日から、イスラエルとパレスチナに出張に行っていました。
 移動の途中に、かねてからずっと訪れてみたかったエルサレムをチラ見するチャンスに恵まれました。もう行く前からちょっと興奮気味。
 撮影機材はフジのX20。買ったばかりのEOSは、何かあっちゃ嫌なので、持って行ってません。
 宗教の交差点エルサレムは、生憎の雨でした。風が強く、横殴りの冷たい雨に全身びしょびしょになりながら、先ずはオリーブの丘の展望ポイントからエルサレム旧市街を遠景。
 城壁に囲まれた旧市街の真ん中には、イスラムの神殿跡に復元されたモスクの黄金に光る丸屋根。手前の墓地には、あのシンドラーズ・リストで有名なシンドラーの墓もあるそうです。
観光客にとってメインの一つ、「嘆きの壁」。
 いわゆる「超正統派ユダヤ教徒」と呼ばれる黒づくめの人たちが、壁に手をついて祈りを捧げています。実はこの敬虔な人たち、自分たちは一切働かず、奥さんに生活を支えてもらっている良いご身分なんだとか。
 観光客も、嘆きの壁の前に行く際は、頭にちょこんと乗せる帽子を被らなくてはなりませんが、大丈夫、入口で無料配布してますから。因みに、超正統派の人達も、黒いシルクハットの下に、ちゃんとちっこい帽子を二重に被っているそうです。
 壁の岩の隙間には、信者がいろんなことを書いて折りたたんだ沢山の紙片が差し込まれています。日本の神社のお御籤みたいですね。でも、いっぱいになると処分されるんだそうです。
  ゴルゴダの丘の上に建ち、イエスの墓が祀られている「聖墳墓教会」。継ぎ足し継ぎ足しで今の姿になっているこの教会の内部には、カトリック、ギリシャ正教、ローマ正教などの各宗派が各々の修道院や本部事務所を並べています。
  ゴルゴダの丘に続く道「ヴィア・ドロロッサ」。宗教上の大切なお祀りの日には、各派の信者たちが十字架を担いで、聖墳墓教会まで練り歩くのです。道中、イエスがつまづいたとされる箇所が3つあるんだとか。
  ところ代わって、旧市街からほど近い場所にあるイスラエル博物館の見どころは、いわゆる「死海文書」です。
 イエスの弟子たちが、エルサレムから福音書などの多数の経典を抱えてシナイ半島に逃げ延び、荒涼とした山の洞窟に隠したのが死海文書。その多くは、砂漠の民によって壺から取り出され、火起こしの材料として焼かれてしまったとか。
 ああ、Mr.都市伝説の何とかっていう芸人になった気分です。
ピザ屋で簡単な昼食をとった時間を含めて、エルサレムでの滞在は僅か3時間程度。本当なら、じっくり1週間くらいかけて、どっぷりとこの雰囲気に包まれながら、各所をくまなく見てみたい。なんならエルサレムだけじゃなくて、イエスの生家があるとされるベツレヘムや、死海にも足を延ばしてみたい。絶対また来よう。そんな思いを強く抱いたひとときでした。

2019年1月5日土曜日

謹賀新年(物欲の一部を満たしたお正月)

 あけましておめでとうございます。
 相も変わらず拙いブログですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 と、この年末年始はカレンダーどおりの弾丸一時帰国を挙行し、おせちだけ食べて今朝、カイロに戻ってきました。新年早々に約14時間のフライトは身体に堪えますけど、なにより直行だし、空いていたので、同じ列の3席に横になれたのは幸いでした。
 さて、親の見舞い、正月の買い出し、友人との忘年会と、慌ただしい一週間のなかで、これだけはという買い物ができました。
 まずは、悩みに悩んだ末にようやく決めた、CANONのEOS 80D。EF-S18-135is USMとのレンズキットです。現行モデルですが、発売からはそこそこ経過して、評価が出尽くしているあたりは、自分らしいかと。そろそろフルサイズにしようとか様々な欲求と考察を経て、これに辿りつきました。最後の決め手は防塵防滴仕様。砂埃の国エジプトで使用することを考えると、絶対に外せない機能なのです。
余りに嬉しいもんだから、日本にいる間に、さっさと開封して撮り始めています。35mm換算で28-210mmという、これだけで全部事足りるんじゃねっていうズームレンズとの相性もすこぶる良く、まさに瞬く間にフォーカスが合います。そして、wifi機能が備わっているので、専用アプリをダウンロードしたスマホやタブレットに撮ったそばから転送されます。PCにケーブルを繋ぐ必要もありませんし、すぐさまLINEなどで他の人と共有できるのが便利ですね。こういう使い方は、ひと昔前には考えられなかった。
ついでといっては何ですけど、EF-S10-22 USMも購入。フィルター径77mmの大きさは、35mm換算で16-35mmに相当するワイドレンズらしく、フードを被せた姿は巨大です。中古でしたが、なんと24,000円ぽっきり。
 手持ちの古いEOS2台+レンズ2本を下取りに出したこともあって、実にお得な買い物になったと思います。
 エジプトに滞在している間に、古代の遺跡をあらためて撮りなおさなきゃと心に誓ったお正月でした。