2018年10月22日月曜日

古代の天文学なのか

 アスワン・ハイ・ダムという名称は、誰しもが教科書で学んだ記憶があろうと思います。そのアスワンから約3時間、砂漠に浮かぶ蜃気楼を見ながら車で走ると、唐突に現れるのがアブシンベル神殿。
 古代エジプトのファラオの中でも、最も権力基盤が強固だったラムセス2世が、ナイル川をどんどん南の上流に向かって、果てはこんなところにまで治世が及んだことを民に示すために作ったとされています。3000年以上も前の話。
神殿の門には座像が4体並んでいます。これ、4つともラムセス2世です。
 そして、中央の入口からずーっと奥まった突き当りの壁際に、太陽神ラーなどと共に4体の立像があるのですが、2月22日と10月22日(今日)の年に2回だけ、朝日が真っ直ぐに入口から通路の一番奥まで差し込み、ラムセス2世像を照らすのです。
 おお、なんという古代天文学の素晴らしさよと感じるでしょう。
 でも実は、この神殿自体が、ハイダムを建設する際に、湖に水没するおそれがあったため、元々の場所から数十メートル移設されているのです。どうやって移設したのかまではよく解りませんけど、年に2回の朝日の角度は、現代の天文学でもちゃんと計算して復元されたっつうことなんでしょうかね。
 まあそれらが何の日なのかについては未だに諸説あるそうです。ラムセス2世が権力を絶対的なものとするため、自らを神格化させるための壮大な仕掛けだったのではないかとも考えられています。いずれにしても、毎年大勢の観光客がその神秘のパワーにあやかろうと押しかけているのですから、正解は謎のまま残しておいても良いのではと思いますね。

2018年10月14日日曜日

カムバックがブームのようですが

 カワサキのH2やZ1の後に続けとばかりに、スズキ刀がカムバックを果たしますね。ただ、そのスタイルには賛否両論というか、どちらかというと「これじゃない感」を訴える声の方が多いような気がします。私もその口かな。ハンス・ムートの衝撃はあのときの一度だけ。
ここ数年の間、二輪も四輪も、往年の名車と呼ばれた車種が次々にカムバックしている状況は、一面では嬉しいし、間違い探しをするみたいな楽しさも覚えます。
 我らがモンキーは、125ccの大猿に成長して早々に戻ってきました。ツーリングバイクの代表選手だったセローも、もっと大きいアフリカ・ツインも。
 四輪では、86を筆頭に、ランクル、ジムニー、S660などやはり個性的な車が多いですね。すごいところではルノー・アルピーヌなんてのもそうでしょう。
 ちなみに、個人的には、3シリーズといった数字や、Cクラスなどアルファベットでグレードを表す車種表記よりも、ジュリエッタなどの固有名詞が冠されている方が、なんとなく愛着が沸く気がします。モンキーはZ50じゃなくて、やっぱりモンキーなんです。マッハもZ2も。
 翻って、世代を幾つも超えてひとつの車種が乗り継がれるのは素晴らしいことだと思います。そういう意味では、スーパーカブの60周年や、ヤマハがSR400の生産を再開したことには、心から敬意を表したいと思いますし、将来はそのどちらも新車で乗ってみたいとすら思っています。
 ただ、それと最近のカムバック・ブームは、何がどうとはっきり言えないながらも、どこか意味が違うことのような気がしてならないのです。
 車離れ、バイク離れが進む中、或いはエンジンの電気化が加速する中で、二輪・四輪メーカー共に「生き残るための販売戦略」が見え隠れしてならない。確かに、動力性能や技術の進歩は目覚ましく、中身は往年の名車とは比べものにならない進化を遂げているのでしょう。
 でも、私が拙ブログで何度も繰り返して主張してきているように、バイクや車は、いつだって私たちの生活の中に寄り添い、生活を豊かにする様々な経験を共に歩むための相棒でなければならない。現代の素晴らしいテクノロジーは、時代の移り変わりや消費者のニーズに対応するだけにとどまることなく、これからどんな乗り物を相棒に、どんなライフスタイルを提案していけば人の暮らしが豊かになるか、いわば新しい時代をまるごとデザインしてほしいと思うのです。
 オジさん世代のお財布と共感をアテ込んだ「往年の名車復活」という錦の御旗を掲げる各メーカーさん、前を向きましょうよ。誰が乗ってもカッコ良く、若者にも手の届く価格で、新しい時代ごとセンス良くデザインされた乗り物。さすがだ日本と世界に言わせましょうよ。

2018年9月30日日曜日

日本は美味しい(夢の後は厳しい)

 ちょうどひと月ぶりの更新です。先週末、日本から戻ってきました。台風が近づく前の出発で助かりました。
 さて、ひと月弱という比較的長期間の一時帰国でしたが、その間、やっぱり美味しい物を食べ、美味しいお酒を飲むことが最優先となりました。
 旬の食べ物がたくさん出回る非常に良い季節、まずは脂の乗った秋刀魚の塩焼き、イスラム圏勤務では決してかなわない豚肉料理の数々。晴れた週末には深大寺までお出かけして日本蕎麦。ちょっとお高いけど折角なので回らないお寿司。そしてラーメン、またラーメン。
 とどめは軍鶏の肉と卵を贅沢につかったトロトロの親子丼。
鶏の専門店がお昼に提供する唯一のメニューというだけあって、人生で一番美味いレベルと言っても大袈裟ではないお味でした。しかも漬物と味噌汁が付いて、お値段は並盛りが980円。大盛りでも100円増し。
 そんな食欲にひたすら身を任せた、夢のようでもあり無節操でもある毎日を2週間ほど過ごした後に待っていたのが、恐怖の人間ドック。都合の良い数値が出るはずもなく、中性脂肪とコレステロールと血糖値という、いわばオジさん世代の大三元がすべて「C」判定。経過観察の身となりました。特に血糖値は要注意と言われ、日々の食事で炭水化物の摂取量を大幅に減らすべしとのドクターからのキツい警告。
 だけど、こちとら単身赴任の身ですから、ラーメンもパスタも白米も駄目と言われたら、いったい何を食べて生きていけばいいのでしょう。
 さっき、リンゴとヨーグルトを食べたけど、ぜんぜんお腹が膨れません。でも時差ボケで眠いから、寝ちゃおうかな。

2018年8月30日木曜日

物欲と食欲の一時帰国

 明日から久しぶりの一時帰国です。
 前回の帰国から1年も経っていませんけど、その間に溜りにたまった物欲と食欲をどこまでコントロールできるのか、できないのか。イコール出費をどこまで抑えられるか、それともノーブレーキで欲望を開放するのかということでもあるので、たいへん楽しみでもあり、かつ、おおいに不安でもあります。
 かねてから行きたかった金沢や伊勢神宮には行かねばなるまい。windows7のサポート終了を見込んで自宅用のPCも検討せねばなるまい。そして、買うとなれば20年ぶりになるゴルフのアイアンセットに至っては、これから先、生涯を共にするであろう道具を選ぶことになるわけで、それはそれは冷静・慎重な目で選ばねばなるまい。
 更に、細君には内緒で、スーパーカブの野望も視野に入っている。
 食欲の方は、言われなくても日々順調に欲望を昇華していくに違いありません。呑んだ後のラーメンのために、海外で頑張っていると言っても過言ではないのです。問題は、肝臓と中性脂肪と体重という数値的なコントロールだけ。あ、人間ドックにも行かなければいけないのでした。

2018年8月12日日曜日

飛んでみたイスタンブール(1)~東西の交差点

 今日までの3泊4日で、イスタンブールに行ってきました。カイロからの実飛行時間は2時間ほど。あっという間に到着です。
ブルガリアの東端と中東諸国の間をつなぐ細長い渡り廊下のような地形、その渡り廊下を北の黒海から南のマルマラ海に分断するボスポラス海峡を挟んで、西はヨーロッパ大陸、東はアジア(中東)ということです。東西の交差点であるイスタンブールは、シルクロードの終点であり、或いはオリエント急行の終着駅でもあるのです。
 古くは4世紀ころのビザンチン時代から、ヨーロッパを中心に覇権を謳歌したオスマントルコの時代は、コンスタンチノープルという都市名であったことは広く知られています。
 イスラムの世の中になってからは、ヨーロッパでありながらも中東でもあるという独特な立ち位置。まさに人と文化が幾重にも交錯する歴史を繰り返してきた街です。
 写真は、新市街の小高い坂の上に立つガラタ塔の上から川を挟んで中央右手が旧市街。アヤソフィア、ブルーモスク、トプカピ宮殿といった観光スポットがぎっしり詰まっています。そして海峡を挟んで左手奥に見えるのがアジア側。マルマラ海の先は西にギリシャを見ながらエーゲ海に、さらには地中海へとつながります。
 8月のこの時期でも日中の最奥気温は30度を超えません。日が落ちると20度前後まで下がります。寒暖計が37~8度に張りついたままのカイロとは大違いで、実に過ごしやすい。濁りなく抜けるような青い空、紺碧の海。
 現地で働く古い友人が、至れり尽くせりの案内をしてくれたおかげで、ゆったりと時間を使い、久しぶりの休暇気分を満喫しつつも、内容のある旅になりました。詳しくはまた後ほど。

2018年8月6日月曜日

友人にしてやられた(カブ購入計画)

 友人に、してやられました。
 かねてから私が年に1、2度だけ会う機会にスーパーカブの良さを説き、酒の肴にしていた長年の友人。ミリオタで、プラモデラーで、チャリ乗りの友人。しかも、生まれてこのかたオートバイを所有したことがないというので、すっかり油断していました。つい昨日のこと、その友人から、近所のホンダ特約店で60周年記念モデルの予約をしてきたと、唐突に報告がありました。
まあ、なんてカッチョ良いんでしょう。ホンダのレーシングカラーを瞬間的に想起させる赤白のツートンが鮮烈です。そして、フロントには実に誇らしげなアニバーサリーのエンブレムをまとっています。
 完全受注生産とのことで、納車は早くても11月末、ひょっとしたら12月になるかもとのこと。初心者だからボクたん何も解らないのでなどと言いつつ、メットはどうしたらいいか、オプションは何を買ったらいいのか、納車したらどこへ行こうかなどと、まあ五月蠅いこと五月蠅いこと。くやしー。
 待ってろ、俺もすぐに買ってやる。そして、カブ連ねて、ツーリングに行こうね。

2018年7月27日金曜日

皆既月食を騒がないエジプト人

 今、これを書いている現在、絶賛皆既月食中です。
 今日は世界中の多くの地域で観測できるそうなので、月食それ自体を述べても仕方がない。それに、月食のメカニズムは皆んな知ってるし、不思議でもないので神秘性は感じられないから、言っちゃなんだけどそれほど興味はないのです。とは言え、外に出て、チラっとは見ましたよ。

 さて、古代エジプトには、有名な太陽神であるラーのように、「月」属性の神が3人もいたそうな。トト神、コンス神、イアフ神です。
 先ずはトト神。これはもう古代の神々の中でもオールマイティな知識と能力を持つトップスタアみたいなもんで、太陽が沈んだ後の夜の世界を守護したことから、月の神でもあるとされています。頭に月が乗ってますね。
次にコンス神。月が満ちている時は癒しの力、欠けている時は鋭い刃で邪気を祓う力を発揮します。月の光で病を癒す一方で、三日月をナイフとして振るう、いわばツンデレな神。
最後にイアフ神。実はこれが最も原始的な月の神だったようなんですが、やがてコンス神に吸収合併されてしまったことから、マイナーな扱いがされている浮かばれない神。
ところで、エジプト人は私と同じで、いえずっと太古の昔から、皆既月食にそれほど関心がなかったように見受けられます。
 ラーや3人もの月の神がいた古代では、太陽や月が欠けたりするのはきっと一大事で、民は、さぞや良からぬことが起こるからに違いないという恐れを抱いたのではないだろうか、そんなふうに容易に想像できます。それなのに、歴代のファラオや神官たちは、あれほどたくさんの壁画やレリーフを残したくせに、日食や月食といった天体現象については一切の記録がないんだそうです。何故なんだろう。
 一説には、見て見ぬふりをした、あるいは無かったことにした、ということなのですが、それはそれで何となく分からないでもありません。恐怖のあまり見なかったことにしとこうってね。♪オバケなんかないさ、オバケなんて嘘さ。です。